Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記の申請書ってどんなもの?申請の時に必要なものまとめ

query_builder 2022/02/15
コラム
38
不動産登記と言われても、なかなか耳慣れない言葉なのでよくわからないという方も多いですよね。
しかし、土地を買ったりすると出てくる手続きでもあるので家を建てたいと思っている方は知っておいて損はありません。
ここでは、不動産登記の申請書などについて紹介していきます。

不動産登記とは?
不動産登記とは、土地を購入した時に誰の物なのかをはっきりさせるものです。
「登記」というものが、そもそも「誰のものであるかという権利を明らかにするもの」なのです。
不動産登記を行うのはどんな場合?
不動産を買った時
・登記の名義人の「姓」が変更になった時
・住宅ローンを完済した時
不動産の所有者が亡くなったり、相続が行われた時
・建物を取り壊す時

不動産登記の申請書って?
不動産登記の申請書は、不動産登記をする際に必要なものです。
法務省のサイトに各種申請に必要な様式のものが準備されています。
不動産登記に必要なもの
不動産をどんな風に購入や相続するかによっても違います。
※ここではローンで新規購入
・登記識別情報(権利書)
・印鑑証明
・登記原因証明情報
・代理権限証書(委任状)
相続や土地の所有者が違ったりとなった場合は、他にも必要な書類が出てきます。
登記の種類によって、印紙や印鑑証明など取得が必要なものもあります。

▼まとめ
不動産登記の申請には、土地の売買や相続によってさまざまな必要書類が出てきます。
自分で行うことも出来ますが、法務省へ何度も足を運んだり、書類を揃えるの手間を考えると専門家に任せるとスムーズです。
弊社は、不動産のコンサルタントとして豊富な知識と経験を持っています。
幅広い業務を手掛けており、親身になってお客様の悩みや不安に寄り添いますので気軽にご相談ください。

NEW

  • 医師だからこそ、家族と自分の人生を大切したい

    query_builder 2021/05/25
  • 更地渡しの条件とは

    query_builder 2022/07/03
  • 空き家の利用方法について

    query_builder 2022/06/01
  • 空き家のデメリット

    query_builder 2022/05/15
  • 財産診断のメリットとは?

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE