Blog&column
ブログ・コラム

不動産売却の契約をするときの注意点とは?

query_builder 2021/07/01
コラム
9

不動産売却をする際は、売主と買主で契約をおこないます。
契約は非常に重要な内容なので、いくつか注意点があります。
そこで今回は、不動産売却の契約をする際の注意点をご紹介します。

▼契約内容をよく確認する
一度契約をおこなうと、原則解除することは難しいです。
不動産会社が仲介をしますが、契約内容については自己責任となるので契約前に必ず内容を確認しましょう。
また、細かく定まっていない内容があるとトラブルの原因になるので、不明確な内容はハッキリとさせておきましょう。

▼契約解除すると違約金が発生する
万が一、契約解除すると違約金が発生してしまいます。
例えば、契約違反が発生し解除することになると不動産売買金額の10~20%が違約金となるので、気をつけましょう。

▼損賠賠償が発生する場合
売却した後、不動産の欠陥があった場合は損賠賠償が発生してしまいます。
例えば、雨漏りなど買主が実際に住むまで知らされていなかった欠陥については、補修代金や損賠賠償が求められます。
欠陥が理由で住めない場合は、契約解除を求められてしまうので欠陥や不備はよく確認しておく必要があります。

▼まとめ
不動産売却をする際の契約は慎重に行いましょう。
契約内容について不明な点があれば、相手側や不動産会社の担当者に確認し、きちんと内容を把握したうえで契約をしてください。
また、当社は不動産売却をおこなっている会社です。
不動産売却について、お困りのことがあればぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 医師だからこそ、家族と自分の人生を大切したい

    query_builder 2021/05/25
  • 更地渡しの条件とは

    query_builder 2022/07/03
  • 空き家の利用方法について

    query_builder 2022/06/01
  • 空き家のデメリット

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE